fc2ブログ

記事一覧

【パワプロ2022 選手一覧】

パワプロ2022作成選手





1936年~1959年


戦前戦後
1936年に日本職業野球連盟が創立され、プロ野球の歴史が始まった。
しかし、まもなく戦争が始まり沢村栄治ら多くの名選手が戦火に散ってしまう。
戦後の1950年に2リーグ制となり、1958年にミスタープロ野球・長島茂雄がデビューした。

北井 正雄(1936年)
吉原 正喜(1940年 友人1作成シリーズ)
石田 光彦(1940年)
大下 弘(1946年)
緒方 俊明(1950年)
野本 喜一郎(1950年)
森 弘太郎(1950年)
田名網 英二(1950年)
レオ・カイリー(1953年)
ヴィクトル・スタルヒン(1954年)
ジム・ドゥール(1954年)
服部 武夫(1954年)
西尾 慈高(1958年)
葛城 隆雄(1959年)
ロベルト・バルボン(1959年)
荒巻 淳(1959年)

1960年代


王長島 (1) (1)

王、長嶋のONコンビの登場により、空前のプロ野球人気が到来。
野球は国民的スポーツとなり、幾多のドラマが生まれた。

稲尾 和久(1961年)
・関根 潤三(1962年)
ジャック・ラドラ(1962年)
野村 克也(1962年)
和田 博実(1962年)
足立 光宏(1962年)
久保田 治(1962年)
若生 忠男(1962年)
ドン・ニューカム(1962年)
・尾崎 行雄(1962年)
与田 順欣(1964年)
嵯峨 健四郎(1964年)
ジョー・スタンカ(1964年)
永易 将之(1965年)
金田 正一(1965年)
宮田 征典(1965年)
榎本 喜八(1966年)
藤井 栄治(1966年)
遠井 吾郎(1966年)





1970年代


阪急

ジャイアンツの連続優勝(通称V9)が1974年で終焉を迎え、その後阪急が黄金期に。
1978年にはお荷物球団とされ続けていたヤクルトが初優勝するなど、激動の時代だった。


白石 静生(1970年)
大杉 勝男(1970年) 
村山 実(1970年) 
関本 四十四(1971年)
ジョー・ペピトーン(1973年)
・マティ・アル―(1975年)
得津 高宏(1975年)
小川 亨(1975年)
江夏 豊(1975年)
加藤 秀司(1975年)
ジョン・シピン(1975年)
若松 勉(1977年)
高木 嘉一(1978年)
長崎 慶一(1978年)
ボビー・マルカーノ(1978年)
ジャック・マル―フ(1979年)
土井 正博(1979年)
野村 克也(1979年)
田淵 幸一(1979年)
山崎 裕之(1979年)
楠城 徹(1979年)
奥宮 種男(1979年)
西沢 正次(1979年)
山川 猛(1979年)
鈴木 葉留彦(1979年)

1980年代


KK.jpg

赤ヘル旋風、猛虎フィーバー、西武黄金期到来、KKコンビ、三冠王落合。
語りつくせないほど濃い時代であり、元号は昭和から平成へと変わっていった。


江夏 豊(1980年)
カルロス・メイ(1980年)
レロン・リー(1980年)
チャーリー・マニエル(1980年)
木田 勇(1980年)
菅野 光夫(1980年)
間柴 茂有(1981年)
工藤 幹夫(1982年)
北別府 学(1982年)
バンプ・ウィルス(1983年)
香川 伸行(1983年)
松沼 雅之(1983年)
ブーマー・ウェルズ(1984年)
大石 大二郎(1984年)
片平 晋作(1985年)
平田 薫(1985年)
嶋田 宗彦(1986年)
リチャード・デービス(1986年)
落合 博満(1987年)
ボブ・ホーナー(1987年)
秋山 幸二(1987年)
トニー・ブリューワ(1987年)
牛島 和彦(1987年)
川端 順(1987年)
新井 宏昌(1987年)
正田 耕三(1987年)
リチャード・ランス(1987年)
清原 和博(1987年)
大久保 博元(1987年)
篠塚 利夫(1987年)
新浦 壽夫(1988年)
中山 裕章(1988年)
欠端 光則(1988年)
小野 和幸(1988年)
ラルフ・ブライアント(1989年)
トニー・バナザード(1989年)
槙原 寛己(1989年)
・笘篠 賢治(1989年)


1990年代


野茂 (1)

95年、野茂英雄がメジャーリーグに挑戦し新人王に。全米でトルネード旋風が巻き起こる。
後に同じように全米に衝撃を与えることとなる、イチローや松井が登場したのも90年代。
また「ID野球」、「がんばろうKOBE」、「マシンガン打線」など、トレンドとなった言葉も数多く登場した。

酒井 光次郎(1990年)
大門 和彦(1990年)
内藤 尚行(1990年)
宮本 賢治(1990年)
フロイド・バニスター(1990年)
マイク・ロックフォード(1990年)
秦 真司(1991年)
猪俣 隆(1991年)
マイク・ラガ(1991年)
村田 勝喜(1991年)
湯上谷 宏(1991年)
リー・タネル(1991年)
野村 謙二郎(1991年)
佐々岡 真司(1991年)
田辺 学(1992年)
古田 敦也(1993年)
宇野 勝(1993年)
メル・ホール(1993年)
伊良部 秀輝(1993年)
橋本 清(1993年)
石毛 博史(1993年)
湯舟 敏郎(1993年)
田村 勤(1993年)
杉山 賢人(1993年)
潮崎 哲也(1993年)
鹿取 義隆(1993年)
山田 喜久夫(1993年)
渡部 高史(1993年)
江坂 政明(1993年)
園川 一美(1993年)
工藤 公康(1993年)
タイゲイニー(1993年)
マックス・ベナブル(1993年)
松井 秀喜(1993年)
マット・ステアーズ(1993年)
野田 浩司(1993年)
藤井 康雄(1993年) 
足利 豊(1993年)
嶋田 章弘(1993年)
北野 勝則(1994年)
山本昌(1994年)
田辺 学(1994年)
盛田 幸希(1994年)
ブライアン・トラックスラー(1994年)
秋山 幸二(1994年)
郭 源治(1994年)
伊良部 秀輝(1994年)
ロバート・ローズ(1994年)
今中 慎二(1994年)
諸積 兼司(1995年)
ピート・インカビリア(1995年)
定詰 雅彦(1995年)
グレン・デービス(1995年)
鈴木 平(1995年)
大豊 泰昭(1996年)
ロブ・デューシー(1996年)
バーナード・ブリトー(1996年)
バルビーノ・ガルベス(1997年)
マイク・グリーンウェル(1997年)
ドミンゴ・マルティネス(1997年)
石井 浩郎(1997年)
宣 銅烈(1997年)
吉永 幸一郎(1997年)
廣田 浩章(1997年) 
ドゥエイン・ホージー(1997年 友人2作成シリーズ)
趙 成珉(1998年)
サムソン・リー(1999年)
工藤 公康(1999年)
ジェイソン・ハッカミー(1999年)


2000年代


ON2.jpg

ON決戦となった日本シリーズで幕を開けた2000年代。
球界再編問題により近鉄が消滅し、楽天が誕生するなどプロ野球界が揺れた時代。
2000年代後半はオレ竜ドラゴンズ、原巨人がセの覇権を争い続けた。

海の向こうへ多くの日本人が渡り、イチローが2004年にMLB安打記録を樹立、2009年に松井秀喜がワールドシリーズMVPに。
WBCが始まり日本が連覇を果たすなど、世界に日本野球を知らしめた年代でもあった。


メルビン・バンチ(2000年)
ダレル・メイ(2000年)
土井 雅弘(2000年)
・ルイス・ロペス(2001年)
エディ・ディアス(2001年)
入来 智(2001年)
具 台晟(2001年)
具 台晟(2002年)
小山田 保裕(2002年)
犬伏 稔昌(2002年)
ケビン・ホッジス(2002年)
吉岡 雄二(2002年)
ユウキ(2002年)
塩谷 和彦(2003年)
スティーブ・コックス(2003年)
クリス・ブロック(2003年)
イバン・クルーズ(2003年)
トレイ・ムーア(2003年)
伊良部 秀輝(2003年)
森 章剛(2004年 友人2作成シリーズ)
リンゼイ・グーリン(2004年)
工藤公康(2004年)
金村 曉(2004年)
ジョン・ベイル(2005年)
菊地原 毅(2005年)
ルイス・マルティネス(2005年)
斉藤 和巳(2006年)
新垣 渚(2006年)
L.インチェ(2006年)
辻内 崇伸(2006年)
アダム・リグス(2006年)
清原 和博(2006年)
李 承燁(2006年)
一場 靖弘(2006年)
山井 大介(2007年)
エステバン・ジャン(2007年)
ジャレッド・フェルナンデス(2007年)
高橋 由伸(2007年)
クリストファー・ニコースキー(2007年)
工藤 公康(2007年)
アーロン・ガイエル(2007年)
那須野 巧(2007年)
成瀬 善久(2007年)
アレックス・グラマン(2008年)
李 炳圭(2008年)
ダニエル・リオス(2008年)
岩隈 久志(2008年)
高須 洋介(2008年) 
レス・ウォーランド(2009年)
マイク・シュルツ(2009年)
藤井 淳志(2009 友人2作成シリーズ)
チェン・ウェイン(2009年)
・鉄平(2009年)
齊藤 悠葵(2009年)
ライアン・ウィング(2009年)
能見 篤史(2009年)


2010年代


tanaka (1)

2010年代の初頭、統一球問題などネガティブな話題もあったが、2013年に楽天が初の日本一に輝き多くの人々に感動を与えた。
カープがリーグ3連覇を果たし、再び赤ヘル旋風が起こったことは記憶に新しいが、なんといってもソフトバンクの強さと王者の風格が際立った年代であった。
そして大谷という今までのスケールを越えた選手が登場している。
ついでにカメハのパワプロという今までのスケールを越えたパワプロブログも登場した。

工藤 公康(2010年)
帆足 和幸(2010年)
篠田 純平(2010年)
朴 賛浩(2011年)
釜田 佳直(2012年)
西岡 剛(2013年)
十亀 剣(2015年)
高木 勇人(2015年)
多村 仁志(2016年)
松坂 大輔(2016年)
ジョシュ・ルーキー(2016年)
廖 任磊(2017年)
糸井 嘉男(2017年)
アドゥワ 誠(2018年) 
ソイロ・アルモンテ(2018年 友人2作成シリーズ)
山下 航汰(2019年)



2020年代


NPB.png

今なお続くコロナによってプロ野球界も大きな影響を受けている。
それでも東京オリンピック金メダル、前年最下位から日本一のヤクルト、新庄BIG BOSSなど我々に感動と驚きを与え続けてくれる。
果たしてこれからどのような伝説が生まれるのであろうか


根尾 昂(2022 二刀流 友人1作成シリーズ)


その他


スティーブ・ダルコウスキー(1960年)
ピート・ローズ(1973年)
呪いの審判マスク
海洋生物野球軍団
マイケル・ジョーダン(1994年)
生卵を投げたやつ(1996年)
ジョシュ・バーフィールド(2006年)
奉 重根(2008年)
秋 信守(2009年)
デビッド・オルティーズ(2013年)
エルネスト・ノリス(2013年)
孟 偉強(2017年)
高塚 南海(2022年 女子野球)





【80年代以前の選手について】
現役選手の中にOBを入れてペナントを回したときに、成績上位が40年も50年も60年も前の選手たちで埋め尽くされるのは個人的にあまり喜ばしいことではないと思っています、
それは40年、50年、60年経ってもプロ野球は進化していないことになってしまいますから。

なので線引きが難しいですが、それぐらいの前の年代の選手達のパラメーターは今の基準よりも意図的に下げます。
決して過去の選手達を侮辱するつもりはないことはご理解下さい。
この年代の選手たちの技術の礎があって今の選手、今のプロ野球があるのは間違いないですから。
その技術の継承、発展がないことにしてしまうことの方が不幸だと私は思うのです。

昔の一流選手が今の時代に通用しないと言いたいわけではないです。今の時代でも活躍できるのではないでしょうか。
ただ過去のように無双するような記録は出せないのではないかと思っています。なのでそういった意味でも表面的な数字よりも下げたパラメーターにします。

正直怖いです。今まで誰もそのような試みをしていなかったですから。公式ですらやっていません。
叩かれることも承知ですが、全年代的に選手をつくるとなるとこれは避けれないと自分の中で覚悟を決めたのであります。
賛同できないという声も多々あるでしょう。それでも私はビックダディの言葉を借りてこう言います。


「俺はこういう人間だ」




↓パワプロ2022購入検討している人は下から購入してみてね!




















スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カメハ

Author:カメハ
Um アダムとイブの時代から
Ah 流れてくる我らの血潮. Um 愛の神秘に魅せられて. Ah 迷い込む恋のラビリンス

カテゴリ

アクセス

人気記事ランキング

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
59位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スポーツ
1位
サブジャンルランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

ブログパーツ