fc2ブログ

記事一覧

ダークサイドNPB 第1回 黒い霧事件 【パワプロ2022 実在】

dark

【ダークサイドNPB】

第1回 黒い霧事件 


■日本プロ野球史上最大のスキャンダルにして最悪の八百長事件。
記念すべき第1回目は球界を震撼させたこの事件を取り上げる。

今なお完全に解明されたわけではない点からも闇の深さを物語っている。


この黒い霧事件の最大のキーマンとなるのは当時西鉄に所属していた永易 将之。
20230108123248a07.jpeg

20230108123246d2f.jpeg
※能力の再現は全盛期の東映時代

1970年の週間ベースボール4月20号には永易のインタビュー記事があり、このような証言が書かれている。

聞き手-君は八百長試合をやったわけだ。
永易-ハイ。
聞き手-で、君はどうしてそんなことをやったの?
永易-とても親しい人に頼まれて、つい引き受けてしまったんです。
聞き手-親しい人とは選手?それとも外部の人間?
永易-ほかの人には迷惑をかけたくないので勘弁してください。
聞き手-暴力団に関係のある人?
永易-それはないと思います。
聞き手-ところでキミがからんだ八百長試合は何試合あった?
永易-ほんの数えるほどです。いま思い出しても一つ、二つと数えられるほどしか関係していません。全部で3試合かな?


みなさんはこれを聞いてどう思っただろうか?

永易から発覚した八百長はその後球界全体に捜査が及び、池永 正明、与田 順欣、森安 敏明らが永久追放処分に。
(池永は2005年に復権)

永易は既に鬼籍に入っており、事件の全てを明るみにすることは難しくなっている。

果たして八百長に関わったのは選手は本当にこれだけだったのか?
暴力団と球界の関わりは?また、どれだけ関与していたのか?
闇の深部には何があるのか?

ともかく我々は真剣勝負の野球に魅せられたいのだ。
(文:ハイパーメディアクリエイター カメハCEO)


永易の査定について
選手名:永易 将之
再現年度:1965年( 10勝3敗 防御率1.93)


♦1965年がキャリアハイ(この頃まだ八百長はしていないはず)
プロ4年目下手投げにフォームを変更すると、いきなりリーグ防御率3位の好成績。

♦当時の選手名鑑によると横手からの大きなカーブが武器。
翌66年は原因は不明だがこのカーブを投げられなくなり、低迷。

♦わかる分だけ計算したが、対左に多少分が悪い。
この年、年間12本塁打だった左打者の阪急・早瀬に3本塁打を浴びる。


カメハのオススメポイント
shu-ru_.jpg
ダーク度:★★★★★+
黒い霧事件・・1発目にふさわしい恐ろしい事件です。

昔父親が隠していたAVには性器周辺に黒い霧状のモザイクがかけられていました。
これを私は平成の黒い霧事件と呼んでいます。

↓野球ゲームなどを購入検討している人は下から購入してみてね!



















スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カメハ

Author:カメハ
Um アダムとイブの時代から
Ah 流れてくる我らの血潮. Um 愛の神秘に魅せられて. Ah 迷い込む恋のラビリンス

カテゴリ

アクセス

人気記事ランキング

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
59位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スポーツ
1位
サブジャンルランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

ブログパーツ