fc2ブログ

記事一覧

川相 昌弘(1993年) 【パワプロ2022 実在】

202401141838464db.jpeg

20240114183851eb8.jpeg


選手名:川相 昌弘
再現年度:1993年(打率.290 5本 35打点)


kawai.jpg



主役級の活躍
93年はキャンプで坐骨神経痛を患い、オープン戦で大不振に。
コーチが開幕スタメンを反対する中、長嶋監督はスタメンに起用。
開幕戦で2安打を放つと、終わってみれば全試合出場で初の打撃ベスト10入りした。
93年のハイライトは8月14日の中日戦で10回に今中から涙の逆転サヨナラ本塁打。

94年は3割をマークし、川相は全盛期を迎えた。


査定ポイント
不動の繋ぎ役ミートチームプレイ〇
3割打っていないのに、ミート高すぎないか?
いや、川相のようなタイプは進塁打を多く打つため、どうしても率が下がってしまう。
調べてみたが、得点圏でのゴロ打球は26回もあった。
ちなみに率は下がらないが、得点圏での犠打数は15と次の打者に繋げることを徹底している。
よって94年は3割打っていることもあり、ミート値を高くした。




守備
逆に守備が低くないか?
これはRFと守備得点がどちらも平均寄りの数値ということが理由。
少なくとも名手の数字ではなく、今回はそこを反映。
しかし、印象度では圧倒的名手。いや、同じ時代にプレーした選手が言うんだから間違いなく名手。
それは守備力ではなくハンドリング上手さ、派手よりも堅実さの川相らしさを表現した捕球Aで。
また、守備職人をつけたので名手らしくはなっている。

他には肩を過去作のデフォよりも上げている(過去作D59)
元投手ということもあり、肩も強い。

守備適正
2塁や3塁の適正はないの?
90年から98年まで守備位置はショート一本。
ショートで使うべきという考えから游適正のみに。

そりゃ2塁、3塁も上手く守るでしょうが。


カメハのオススメポイント
テーマは、脇役の選手だからこそ派手に特能をつけようぜです。
こうみると理想的な2番打者ですね。


↓野球ゲームなどを購入検討している人は下から購入してみてね!










スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カメハ

Author:カメハ
Um アダムとイブの時代から
Ah 流れてくる我らの血潮. Um 愛の神秘に魅せられて. Ah 迷い込む恋のラビリンス

カテゴリ

アクセス

人気記事ランキング

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
55位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スポーツ
2位
サブジャンルランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

ブログパーツ