fc2ブログ

記事一覧

トーマス・オマリー (1995年) 【パワプロ2016 実在】

実況パワフルプロ野球2016_20180102030035

実況パワフルプロ野球2016_20180102030043


■シーズンMVP、日本シリーズMVPで阪神を見返す大活躍
選手名:トーマス・オマリー
再現年度:1995年(打率.302 本塁打31本 打点87)

TOPICS
・阪神で4年連続3割+六甲おろしを歌う+「タイガースファンはイチバンや~」などのパフォーマンスで球団史に残る優良助っ人に。
しかし、本塁打が少ないことを理由に解雇されてしまう。
・95年にヤクルトに移籍後は終始4番打者としてシーズン、日本シリーズ共にMVPに輝くなどチームの日本一に貢献。
・阪神・ヤクルトに在籍した6年間で全て3割をマークした。
・引退後は阪神のスカウトとしてダメ助っ人をチームに送り続けた。

パラメーター
パワー
本塁打を31本打っているのでパワーAにすべきか随分悩む。
しかし、ヤクルトの移籍後突如本塁打が倍増。
明らかに神宮が本拠地になったことが影響しているだろうと推測。
それを証明するように飛距離が100メートル以下の本塁打が6本もある。
ちなみにこの年のタイガースの助っ人グレン、クールボーは共に20本塁打以上打っているが、飛距離100m以下の本塁打はグレン2本、クールボー1本。やっぱ甲子園が本拠地だとキツイよね。
パワーBでいいと判断。

※ちなみに
この年トリプルスリーを達成した野村謙二郎の飛距離100m以下の本塁打はなんと9本!
セ・リーグで20本塁打以上打った打者の中で1位。
再三言っているが野村謙二郎のパワーAはありえないんだよ!

ミート
パワーBの代わりと言ってはなんだが、
①この時点で5年連続3割を記録していることを考慮。
②後述するが、この年内野安打が0本。内野安打が0で3割ってよっぽどミート力がないと難しい。
以上の理由から、通常ミートC60~61の範囲だがミートCの後半に。

※ちなみに
この年.309打った石井琢朗。
内野安打数は28。仮にこの内野安打が全て凡打だとすると打率は.262になってしまう。
それほど内野安打は大切なのだ!(この中にバント安打も含まれているので単純に比較をしては行けない気がするが)

チャンスE逆境◯
走者なし打率.300、得点圏打率.262
コレだけ見たらチャンスFでもいいかも?と思いがちだが、
先制、同点、勝ち越し、逆転本塁打が15本と両リーグ最多の殊勲本塁打数。
逆境◯+チャンスEどまりに。(真の意味でチャンスに強いということはこういうことだと思うからね)
対左F
対右打率.319、対左打率.232
固め打ち
猛打賞回数14回。
中日戦では1試合3発もマーク。
リーグは違うがこの年、イチローの猛打賞の回数は12回。
粘り打ち
三振数は僅か59。
そしてあの球史に残る小林宏-オマリーの14球 。
初球◯
0ストライク時の打率.405
走塁F盗塁C積極盗塁
前述のように内野安打数0。と、いうか前年も0。かなり脚が遅い。
しかし盗塁は6個も決めている。どういうことだ?
失敗も6なので通常の基準では盗塁Eになるはずだが、今回はこの走力で6個決めていることを最大限評価してあげたい。
まあ、盗塁Cでもこの走力なら成功が失敗を上回ることはないだろうし笑
守備
守備の数値は昔デフォのOBとして収録されていた時のまんま。
ヤクルト時代は一度もサードを守っていないが、この年でも十分守れる力があったと判断し、サブポジ追加。
イメージだけど、ただ単にノムさんはオマリーにサードとか守らせるの嫌いそうだし。


カメハの戯言
Q.こんな深夜までパワプロやっていて年末年始は本当にパワプロしかすることがないんですね?
A.はい

Q.いつもより細かくデータを書いていますけど、本当に暇なんですね。
A.はい

スポンサーサイト



コメント

本当に申し訳ないのですが山咲のイベントの最後?の純決と会うイベントが進まないのですが…純決イベも同時進行しないといけないのでしょうか?関係ないことで申し訳ないです

Re: タイトルなし

> 本当に申し訳ないのですが山咲のイベントの最後?の純決と会うイベントが進まないのですが…純決イベも同時進行しないといけないのでしょうか?関係ないことで申し訳ないです

細かいところまではわからないですが、私は純決のイベントを
・キゲンが悪そうですね
・好みなのでは?
・そっとしておく
の選択肢のイベントまで進めただけで、あとは山咲を彼女にして評価160以上までもっていってイベント完走しただけです。

逆に純決のイベントを進みすぎると、元カレイベントが発生しなくなるので注意が必要です、
あと、基本的にランダムでパワマップにイベント登場するので運も必要です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カメハ

Author:カメハ
Um アダムとイブの時代から
Ah 流れてくる我らの血潮. Um 愛の神秘に魅せられて. Ah 迷い込む恋のラビリンス

カテゴリ

アクセス

人気記事ランキング

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
55位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スポーツ
2位
サブジャンルランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

ブログパーツ