fc2ブログ

記事一覧

MLBスターズ 戦力分析 (カメハペナント) 【ペナントへの道】

【MLBスターズ】

実況パワフルプロ野球2016_20180422175400


攻撃力-A
MLBのスターが名を連ねる豪華打線。ボンズを見られる喜びを感じよう


[ベストオーダー]
実況パワフルプロ野球2016_20180422175157

[対左オーダー]
実況パワフルプロ野球2016_20180422175206


1番 ノマー・ガルシアパーラ 2006年(.303 20本 93点 MLB
★3割後半をマークした全盛期ではないが、勝負強さはピカ1。
(本当はミート値が気に食わない)

2番 ケーシー・マギー 2014年(.287 4本 76点 MLB
★マギーのMLB時代。繋ぎのバッティングを見せる。

3番 バリー・ボンズ 2006年(.270 26本 77点 MLB
★史上最強のスラッガー。最晩年だが、化け物には変わりない。

4番 ヤシエル・プイグ 2014年(.296 16本 69点 MLB
★MLBきっての問題児。NPBにはいないスケールの野性味溢れるプレー。

5番 ギャレット。ジョーンズ 2012年(.274 27本 86点 MLB
★MLBベストシーズンのギャレット。すっかりみんなが忘れた存在だが、再びNPBに強烈なインパクトを。

6番ゲーブ・キャプラー1999年(.245 18本 49点 MLB
★MLB時代のキャプラー。苦い思い出の日本でリベンジだ!

7番 ジャロッド・サルタラマッキア 2012年(.222 25本 59点 MLB
★強打のキャッチャー。名前が長いけど覚えてね!

対左 ビリー・ビーン 1986年(.213 3本 15点 MLB
★名GMの選手時代。守備には定評がある。

8番 ミッドランド中島 2014年(.266 6本 31点 AA)
★頑張れ!

9番 加藤 豪将 2016年(.229 1本 25点A
★NPBでどこまでやれるか注目選手

マット・マートン 2016年(.314 2本 37点 AAA
★阪神退団後のアメリカ帰りのマートン。ファーストを守ることができる。

シェーバー・ハンセン 2011年(.263 3本 40点 A
★あのスタン・ハンセンを父に持つ。ラリアットをかませ!

鷲谷 修也 2009年(.246 0本 3点)
★足でアピールをして、スタメンを狙いたい。斎藤佑樹、田中将大との対決が実現するか?

ジェイソン・ジアンビ 2013年(.183 9本 31点 MLB
★メジャーを代表するパワーヒッター。最晩年だが、代打で登場するだけで怖い。

マイケル・ジョーダン 1994年(.202 3本 51点 AA) 
★バスケの神様。観客が殺到するだろう

2軍にもカメハ作成選手はいますが、彼らを1軍に入れると他の球団とのバランスがおかしくなるので幽閉。
気になる選手がいたら書くのめんどくさいので検索してください。
キャッチャー不足のため仮面町さんのカツノリをお借りしました。カタカナだからいいでしょ。

チラホラマイナーリーグの選手もいるが、MLBで名を馳せた選手達による豪華絢爛な打線。
どこからでも1発が飛び出す打線の中で、一番の注目はやはりボンズだ!


守備力-B
ミッドランドのショートの守備が不安だが、ゴールデングラブ級のファースト・ガルシアパーラがカバー

打線の破壊力が売りだが、守備も比較的安定している。ただ、サルタルマッキア、ミッドランドとセンターラインに守備の不安を持つ選手2人も抱えるのはいかがなものか。
プイグの猛肩は注目だ。


投手力-B
日本人メジャーリーガーが中心。一方実績に乏しい投手も多数在籍


[投手陣]
実況パワフルプロ野球2016_20180422173136


クリス・ヤング 2007年(9勝8敗 3.12 MLB
★秀才投手。パワーピッチングでNPB打者をねじ伏せる。

川上 憲伸 2009年(7勝12敗 3.86 MLB)
★NPB時代とは一味違う緩急の投球を見せる。

ブラッド・ペニー 2012年(0勝1敗 10.80)
★NPBを舐めないほうがいい

松坂 大輔 2014年(3勝3敗1S 3.89MLB)
★MLB最終年の松坂。2ケタを十分狙える。

伊良部 秀輝 2002年(3勝8敗16S 5.74 MLB)
★せっかく抑え時代の伊良部を作ったのに先発で起用するという迷采配。

ライアン・ウェザーズ 2017年(ハイスクール時代)
★父は元MLBの投手。清宮、安田と再び相見える。

先中 徳山 壮麿 2017年(高校時代)
★MLBと全く関係ないが、深刻な駒不足のため入団。

野茂 英雄 2016年(名球会ベースボールフェスティバル2016)
★引退後の野茂。フォークは健在。

ダン・ミセリ 2004年(6勝6敗2S 3.59 MLB)
★今度は浅草観光をする暇は与えんぞ

辻本 賢人 2010年(3勝2敗2S 2.28米独立リーグ)
★MAX151Kmまで成長した辻本。NPBでは成し得なかった1軍のマウンドへ。

前田 勝宏 通年
★制球力は大きな課題だが、球速は大きな魅力。

ジョン・ギン 2017年(ハイスクール時代)
★2017年 U-18野球ワールドカップのアメリカ代表ストッパー。プロでも通用する球威の持ち主。


リリーフ陣に不安を残す陣容。引退後の野茂、球は速いが実績乏しい辻本、前田、ギン。ミセリを柱にせざるおえない。

監督-ビリー・ビーン


実況パワフルプロ野球2016_20180422175148


GMとしての力量は疑う者はいないが、監督としてはどうか。GM時代の経験を生かした他とは一線を画す采配だろう

【カメハが楽しみな選手】
みんな楽しみだけどね。
と、いうかメンバー見ると全然MLBスターズじゃないよね。

この球団が優勝するだろうと思っている人は多いと思うが、ちょっと待った。
なんと1軍にムード☓持ちが4人もいるのだ!
これをどう判断しますでしょうか?
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カメハ

Author:カメハ
Um アダムとイブの時代から
Ah 流れてくる我らの血潮. Um 愛の神秘に魅せられて. Ah 迷い込む恋のラビリンス

カテゴリ

アクセス

人気記事ランキング

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
55位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スポーツ
2位
サブジャンルランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

ブログパーツ